ホーム
PET検査とは
オプション・コースについて
運営者情報
お問合せ

施 設 検 索

 腫瘍マーカー  脳ドック  心臓ドック  婦人科レディース  宿泊コース 

 食事  駐車場  クレジットカード  託児所  ペア割引 

円 〜


地域から探す



ペット検査について

ペット検査とは

PET検査(ペットけんさ)は、がんをより詳しく検査する方法です。
PETは「ポジトロン・エミッション・トモグラフィー」の略で、日本語では「陽電子放射線断層 撮影」といいます。
従来のレントゲン(X線)、CTやMRIなどの検査よりも、組み合わせることでより精度の高い検査を 行うことができます。
PET検査では、検査薬を点滴で人体に投与することで、全身の細胞のうち、がん細胞だけに目印を つけることができます。
早期発見が可能なため、 特殊な検査薬で「がん細胞に目印をつける」というのがPET検査の特徴です。

検査の仕組みと画像

PET検査は、がん細胞が正常細胞に比べて3〜8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用します。
ガン細胞は、ブドウ糖が大好物で、正常細胞の八倍も吸収します。そこで、ブドウ糖に微量の放射性を持たせた 薬剤を合成し、静脈に注射します。

PET
の画像

しばらくしてから全身をPETで撮影します。

矢印

検
査結果画像

するとブドウ糖(FDG)が多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなり ます。

ペット検査のメリット

@
検査では、膀胱など一部の臓器を除き、数ミリ前後の小さなガン から、リンパ節転移も判断できます。
A
一度の検査で、頸部から大腿部までを短時間にチェックできま す。PET検査は、体の広範囲の部位(眼窩〜大腿部)を一度に検査できる特性を持っているために、予期せぬ ところに生じたがんの転移や再発を早期に検査します。
B
従来のガン検診では、臓器や部位ごとに検査が必要でしたが、 PETは着衣のまま診察台に横たわるだけで苦痛や不快感もあります。
C
PET検査は早期がんの発見に優れています。
D
早期発見できれば、 治療率は90%以上に高まるといわれています。

このページの上へこのページの上へ